自由・経済・科学・合理主義

自由・経済・科学・合理主義についてのブログ

インセンティブを利用するときの注意点

これまでインセンティブを得られるようにシステムを設計するのが一番良いと考えていたが、財務省の本を読んでいてハッとしたのでメモっておく。

 

 インセンティブ設計をするときは、その誘導先となる目標には個々人の善意に依ったものではなく、明確な目標設定をするべきである。例えば、財務省はマジで緊縮財政が日本のためになる、と思ってるらしくこのような誤りを盲信してる人々に、例えば”日本のために働く”というような善意に依ったインセンティブ設計したところで、状況を悪化させるだけである。

 何が利益になるかはインセンティブ設計の設計者が決めなくてはならず、目標にはそのための手段を設定するべきである。先の例を上げれば、名目GDPを3%成長させるなど主観の入り込む余地のない客観的な目標を設定すべきである。